福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

杉岡准教授の共編著書が刊行されました

2017.11.23

杉岡准教授の共編著書『合併しなかった自治体の実際-非合併小規模自治体の現在と未来-』が刊行されました。
本書は、平成15年に単独で生きていくことを決めた熊本県産山村を事例に、合併しなかった自治体のこれまでを振り返りつつ、地域の宝をいかして活力のある魅力的な村づくりをいかにして実現していくかを、地方創生ともからめて「官・学・民」の知識と知恵と体験とを総合して幅広く展望しています。福知山市の三和地域協議会の事例も取り上げられています(杉岡准教授は「第5章」と「おわりに」を執筆)。

【書籍概要】
書 名:『合併しなかった自治体の実際—非合併小規模自治体の現在と未来—』
出版社:公人の友社(http://koujinnotomo.com/)
出版日:2017年11月10日
監 修:木佐茂男(北海道大学/九州大学名誉教授)
編 著:原田晃樹(立教大学教授)・杉岡秀紀(福知山公立大学准教授)
目 次:
はじめに 平成の大合併を総括する意義とは
序章 本書の構成とねらい
第1部 合併しなかった自治体の実際 ~研究視点を中心に~
第1章 小規模自治体の独立性
第2章 小規模山村自治体の合併と財政
第3章 地域活性化の条件と自治 ~未合併小規模町村の優位性~
第4章 小規模自治体と財政効率
第5章 住民自治主導の地方自治 ~地域内分権と地域運営組織~
第2部 合併しなかった自治体の実際 ~住民視点を中心に~
第6章 小さな自治体のよいところの洗い出し
第7章 村民アンケートからみた小規模自治体の合併の意義
第8章 「ちいさいからこそ」できる自治体創造~自治体職員の地域熟知を活かす~
第9章 震災復旧・復興にかかる連携と課題
第3部 「合併しなかった自治体の将来を考えるシンポジウム」の記録(資料編)
第10章 合併しなかった自治体の将来を考えるシンポジウム実施概要
第11章 産山宣言
おわりに あの日の空よ

 

NEWS・TOPICS

カテゴリー別

アーカイブ

CLOSE
CLOSE