福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

学長・副学長メッセージ

市民と学生が地域でともに学び合い、
福知山から世界に開かれた知の拠点をめざす。

井口 和起

井口 和起福知山公立大学 学長

2016年4月、成美大学は福知山市が設置する公立大学として生まれ変わりました。北近畿唯一の4年制大学として、地域が抱えるさまざまな課題に向き合い、“地域に根ざしながらも、世界に開かれた学びの拠点”となることをめざします。
私は1940年に福知山市に生まれ、大学に進学するまでの18年間をこの町で過ごしました。そんな愛着のあるこの町に、いつの日か恩返しをしたいという思いを持ち続けてきました。このたび学長に就任するにあたり、故郷のために全力を尽くすことが私の使命であると考えています。

勉強というのは個人でするものではありません。本や教員から一方的に学ぶだけでなく、学生同士、そして地域の人たちとも、お互いに教え合い、学び合う、そんな地域とのよりよい連携づくりに本学は全力を注いでいきます。
これまでに学ぶことの楽しさを実感してきた人は、この大学でそれをますます広げてもらいたいですし、実感したことがないという人も、この大学では必ず体感してもらえるはずです。一人ひとりの知的好奇心が花開く、その日のために――。福知山は町をあげて、あなたの挑戦を待っています。

持続可能な社会づくりを市民・地域・世界とともに

矢口 芳生 福知山公立大学 副学長

矢口 芳生福知山公立大学 副学長

私たちは、福知山公立大学の開学理念に基づき、市民の方々とともに歩んできました。地域の課題を発見、把握・分析、協働、課題解決のプロセスを、現地調査やワークショップをとおして実体験し、理論との結びつきを深く理解することに取り組んできました。大学も地域も少しずつですが変わりつつあります。
新たに情報学部が開設されました。地域経営学部と情報学部の研究の知見を地域に活かす、文理連携の新しい取り組みも始めました。この新たな挑戦をとおして、持続可能な地域社会を創っていくことができるかどうかは、あなた方の知識の修得と深い学び、そして地域の方々との熱い信頼と協働にかかっています。
社会一般に指摘される様々な問題だけでなく、地域や身の回りで起きている日常の様々な問題の改善・解決に、ぜひとも果敢に挑戦してください。通底する問題の本質に接近する幸福を地域の方々や学生の間で分かち合い、日本、そして世界に発信していきましょう。

大学概要

CLOSE
CLOSE