福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

ハラスメント防止への取り組み

福知山公立大学では、公正、安全で快適な環境の下に、学修、教育、研究及び就業できるよう、ハラスメント防止等に関する規程やガイドラインを制定し、ハラスメントの防止と対策に取り組んでいます。
ハラスメントの被害を受けたと思うときは、被害を深刻にしないためにハラスメント相談員に相談してください。相談員は相談者のプライバシーを守り、相談内容については秘密を厳守し、相談により不利益を受けることがないように配慮しながら、問題を適切かつ迅速に解決するように努めます。
一人ひとりが相手の人格を尊重し、思いやりのある行動をとることによってハラスメントをなくすことができます。一人ひとりが意識してハラスメントのないキャンパスにしましょう。

ハラスメントとは?

行為を行った側の意思に関係なく、不快な思いを受けた側の心情を定義したものです。代表的なハラスメントとして、「セクシャルハラスメント(性的不快)」「アカデミックハラスメント(研究・教育における嫌がらせの言動)」「パワーハラスメント(上司から部下に対する有形無形の圧力等)」等が挙げられます。

ハラスメント相談員

本学ではハラスメントの相談に応じるための相談員を複数配置しています。ハラスメントに関する苦情の申し出や相談等が生じた場合は、話しやすい教職員・カウンセラーに遠慮なく相談してください。

学生生活・進路

CLOSE
CLOSE