福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

田中 克己 教授

タナカ カツミ

田中 克己 教授
専門分野
データベース、情報検索、データマイニング、ビッグデータ機械学習
主な担当科目
オープンデータ技術、地理情報システム
最終学歴京都大学大学院工学研究科博士後期課程中退
学位京都大学工学博士
自己紹介兵庫県伊丹市生まれ、甲陽学院高等学校卒業。神戸大学教養部助手、工学部助教授、工学部教授・大学院自然科学研究科教授を経て、京都大学情報学研究科教授(2001〜2017年)を勤めました。大学在職中は、一般情報教育や専門情報教育(データベース、アルゴリズム、情報システム等)を担当。研究分野は、データベース、マルチメディア、情報検索、データマイニング、機械学習による情報検索など。神戸の震災後には通信・放送機構「次世代デジタル映像通信の研究開発」統括責任者、神戸マルチメディア・インターネット協議会会長など、情報通信研究機構グループリーダー、情報処理振興事業協会(IPA)の未踏ソフトウェア創造事業プロジェクトマネージャーなどを務めました。情報処理学会フェロー、情報処理学会関西支部支部長、日本データベース学会理事・副会長、日本学術会議連携会員。関西情報化功労賞、情報通信月間推進会議情報通信功績賞、船井情報科学振興賞(コンピュータサイエンス部門)、日本データベース学会功労賞、情報処理学会功績賞など受賞。
座右の銘
Who Cares? What’s new?
何がおもろいのん?
自分で概念提案できる研究を。
研究の
キーワード
情報学、データベース、情報検索、データマイニング、マルチメディア、ビッグデータ機械学習
研究の概要 学生時代から現在に至るまで、主に、データベースと情報検索の研究を行って来ました。具体的には、データベースの設計論、オブジェクト指向データベース、映像・音声などのマルチメディアコンテンツの検索処理、Web情報検索、時空間データベース、情報の信憑性分析、データからの知識抽出(データマイニング)、機械学習による情報検索などの研究を行って来ました。今後は、ビッグデータの機械学習に基づく情報検索やコンテンツ生成の研究を行って行く予定です。
研究テーマ
  • Web情報検索の研究
  • 時空間データの機械学習と検索
  • 映像データの機械学習と検索
所属学会情報処理学会、日本ソフトウェア科学会、ACM、IEEEなど
主な著書・
論文等
<書籍>
  • 「オブジェクト指向計算入門」、岩波書店、 所真理雄編著、(分担執筆:5章) 1993年11月
  • 「情報の構造化と検索」、 マルチメディア情報学〈8〉、岩波書店、西尾章治郎・上原邦昭・加藤俊一・田中克己・有木康雄・河野浩之(共著)、2000年3月
  • 「情報検索のためのユーザインタフェース」、共立出版、Marti A. Hearst (著)、田中克己・角谷和俊(監訳)、2011年4月.
  • 「情報推薦システム入門 -理論と実践-」、 D.Jannach、 M.Zanker、 A.Felfernig、 G.Friedrich (著)、 田中克己・ 角谷和俊 (監訳)、 共立出版、 2012年6月22日
  • 「情報デザイン」、 京都大学デザインスクール・テキストシリーズ【4】巻、 田中克己・黒橋禎夫(編著)、共立出版、 2018年5月
<論文>
  • 地域コンテキストを考慮した動的な特徴空間に基づく地理情報例示検索、情報処理学会論文誌, 52-12, pp.3448-3460、2011年12月
  • Content-based Retrieval for Heterogeneous Domains: Domain Adaptation by Relative Aggregation Points, Proc. of the 35th Annual SIGIR Conference (SIGIR 2012), Portland, OR, USA, pp.811-820, 2012年8月
  • Omnia Mutantur, Nihil Interit: Connecting Past with Present by Finding Corresponding Terms across Time, Proc. of the 53rd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2015), Beijing, China, Vol.1, pp.645-655, 2015年7月
  • The Past is Not a Foreign Country: Detecting Semantically Similar Terms across Time, IEEE Trans. Knowl. Data Eng(TKDE). 28(10): 2793-2807, 2016
社会活動
  • 人工知能学会評議員(1987年4月〜1992年6月まで)
  • 情報処理学会関西支部幹事(1989年5月〜1991年4月まで)
  • 日本ソフトウェア科学会オブジェクト指向コンピューティング研究会主査(1991年4月〜1992年3月まで)
  • 米国計算機学会(ACM)SIGMOD日本支部役員(財務担当)(1993年7月〜1995年6月まで)
  • 情報処理学会データベースシステム研究会主査(1995年4月〜1999年3月まで)
  • 通信・放送機構「次世代デジタル映像通信の研究開発」統括責任者(1995年12月〜1999年3月まで)
  • ACM Transaction on Database System(TODS)Area Editor(1993年7月〜1999年3月まで)
  • 情報処理学会論文誌:データベース 共同編集委員長(1998年〜1999年度まで)
  • 神戸マルチメディア・インターネット協議会 会長(1998年〜2000年度まで)
  • 情報処理学会理事 (2000年5月〜2002年5月まで)
  • 情報処理学会第63回全国大会プログラム委員長(2001年9月)
  • 情報処理振興事業協会(IPA)未踏ソフトウエア創造事業プロジェクトマネジャー(2002〜2003年度まで)
  • 日本データベース学会理事
  • 情報処理学会フェロー(2003年3月〜現在に至る)
  • 日本データベース学会副会長(2003年5月〜2011年5月まで)
  • (独)情報通信研究機構(NICT、旧通信総合研究所)グループリーダー(2003年度〜2005年度まで)
  • 日本学術会議連携会員(2006年8月〜現在に至る)
  • 情報処理学会関西支部 支部長(2007年5月〜2009年5月まで)
研究シーズ(相談可能な領域)
  • 地域オープンデータの開発・アーカイブ整備
  • ビッグデータ分析・学習に基づく新ビジネス開発
こんなことで地域のお役に立ちたい!

地域のビッグデータ・オープンデータの開発整備に基づく新しいビジネス創出

researchmap

大学概要

CLOSE
CLOSE