福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

川添 信介 学長

カワゾエ シンスケ

川添 信介 学長
専門分野
トマス・アクィナスを中心として西洋中世スコラ哲学
主な担当科目
哲学
最終学歴京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学
学位博士(文学)
自己紹介九州佐賀県唐津市の生まれですが、京都大学入学以来ほぼ京都市周辺で生きてきました。大阪市立大学を経て京都大学で教育研究を行い、理事・副学長を務めて2020年9月に退職した後は、京丹波町に住んでいます。図らずも福知山公立大学でまた仕事をすることになり、義父の故郷で何度か一緒に行った夜久野をまた訪れたいと思っています。専門領域としては西洋中世スコラ哲学という古臭い世間離れした学問に取り組んできましたが、哲学そのものはいつも「現在」と結びついているし、そうでなければならないと考えています。
座右の銘
一言の「座右の銘」が存在し得るほど世界は単純ではない
研究の
キーワード
哲学、西洋中世スコラ哲学、認識論と心の哲学、倫理学
研究の概要西洋近世哲学の祖デカルトから研究をはじめたが、近世とは異なる哲学のあり方へと関心を移し中世スコラ哲学、とりわけ13世紀のトマス・アクィナスの思想を研究してきた。キリスト教神学者であるアクィナスにおける神と世界の関係、人間の認識に対する非近世的理解、二元的であるとともに一元的でもある心身関係の問題、行為の規範としての自然法の問題などを主な研究テーマとしてきた。
研究テーマ
  • スコラ哲学における倫理学と政治学の関係
  • トマス・アクィナスの『対異教徒大全』の包括的解釈
所属学会中世哲学会(前会長)、日本哲学会、関西哲学会、国際中世哲学会(SIEPM)
主な著書・
論文等
<著書>
  • 『トマス・アクィナスの心身問題—『対異教徒大全』第2巻から』(単著、知泉書館、2009)
  • 『こころの謎 kokoroの未来』(編著、京大学術出版会、2009)
  • 『水とワイン 西欧13世紀における哲学の諸概念』(単著、京大学術出版会、2005)
<論文>
  • 「哲学:自由になるための学び」『国際哲学研究』7号(東洋大学国際哲学研究センター、2018)
  • “Verbum and Epistemic Justification in Thomas Aquinas” in The Word in Medieval Logic, Theology and Psychology : Acts of the XIIIth International Colloquium of the Société Internationale pour l’Étude de la philosophie Médiévale Kyoto, 27 September – October 2005, ed. by Tetsuro Shimizu and Charles Burnett, Brepols, 2009, pp.273-289
  • 「理性と信仰-スコラ再考-」(『岩波講座 哲学』第13巻(2008)、pp.129-147)
  • 「哲学無用論に中世的な答えを与えてみると」(『アルケー』(関西哲学会年報)第16号(2008)、pp.12-25).
  • 「スコラ哲学とアリストテレス」(『哲学の歴史』第3巻(中川純男編)中央公論新社(2008)、pp.405-427)
  • 「西洋中世の「正義」概念と戦争-トマス・アクィナスの立場から」(『グローバル化時代の人文学 下巻』(紀平英作編)京都大学学術出版会(2007)、pp.165-189.)
社会活動
  • 京都文化会議企画委員(2003-09)
  • 京都大学生活協同組合理事長(2009-13)
  • 文部科学省科学技術・学術審議会学術分科会(人文学・社会科学特別委員会)委員(2019-20)
研究シーズ(相談可能な領域)直接的な研究シーズはありませんが、組織内で「批判的思考・クリティカルシンキング」の研修が必要であればお手伝いできるかと思います。
こんなことで地域のお役に立ちたい!

福知山公立大学の教育研究活動のすべてをユニークな「福知山モデル」として実現し地域に貢献するために、大学全般を運営してゆくことが私の第一の責任です。哲学というある意味「けったいな学問」はすぐ目に見える形で「役立つ」わけではありませんが、どんな現場、どんな領域でも「じっくり徹底的に考える」訓練となることで、思わぬイノベーションを生み出す可能性があります。哲学的思考に関心のある方は声をかけてみてください。

大学概要

CLOSE
CLOSE