福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

張 明軍 助教

チョウ ミングン

張 明軍 助教
専門分野
インバウンド観光、中国語教育
主な担当科目
中国語
最終学歴立命館大学大学院経営管理研究科経営管理専攻
学位経営修士(専門職 立命館大学)
自己紹介2010年に来日し、進学や就職を経験しましたが、旅行以外で関西から離れたことはありません。現在、農山村地域のインバウンド観光や、都市圏以外の住民の異文化受容意識について関心を持ち、調査しています。また、ゼミ生と地方の観光地に赴き、中国語の学習と実践を行っています。中国語学習をはじめ中国全般やインバウンド観光、異文化交流に関心をお持ちの方は是非「ニイハオ」と声をかけてください。
座右の銘
Attitude determines everything;Dreams make us different.
研究の
キーワード
中国語学習方法、インバウンド観光、農村計画、農山村地域、都市圏以外地域在住外国人市民、異文化交流
研究の概要
  • 日本人に合う中国語学習方法:発音の難しさと複雑さで中国語学習がなかなか前に進まず、途中で止めてしまう場合が多い。しかし、教え方によって中国語学習の難易度は変わる。単純明快で、すぐに身に付く学習方法を実践しながら研究する。
  • 地域創生の潮流の中、全国各地では観光、民宿、大型イベント開催などの手段を通じて、地方経済の発展を促進している。地方人口が増加しないと、如何なる活性化策も一時の経済効果だけだと考える。人口が減少している日本の現状において、地方を訪ねる外国人観光客、地方在住の外国人市民の増加策、受入策などを研究する。更に農山村地域のグローバル化のあり方などについても研究したい。
研究テーマ
  • 地方の観光地における中国語学習と実践
  • 都市圏以外の地域におけるインバウンド観光
  • 都市圏以外の地域における異文化理解
所属学会農村計画学会、地域農林経済学会、日本観光学会、日本国際観光学会、観光情報学会、日本中国語学会
主な著書・論文
  • 「訪日客の持続的受入における農家民宿群の役割と課題 ―石川県能登町「春蘭の里」を事例として―」『農林業問題研究』 第55巻第1号 2019年
  • 「中国水ビジネス市場における日本企業の進出戦略に関する研究 ―株式会社ナガオカの事例― 」『福知山公立大学研究紀要』 第1号,91-128  2017年03月
社会活動
  • 夜久野手づくり市運営委員会
  • 大江町酒呑童子祭り事務局
  • 福知山市日本中国友好協会 顧問
  • 福知山市日本語教育スタートアッププログラム・コーディネーター 文化庁事業
こんなことで地域のお役に立ちたい!

地域のために微力ながら尽力し、第二の故郷に恩返しができればと考えています。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE