福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

吉田 周邦 教授

ヨシダ チカクニ

吉田 周邦 教授
専門分野
財務諸表論、簿記論、会計監査論、国際会計論、国際監査論
*公認会計士
担当科目
簿記論、財務会計論
最終学歴大阪大学経済学部経済学科
学位経済学士
自己紹介約40年の会計監査実務経験とその後の教育研究を基礎にして、学生の皆さんが、社会に出て役に立つ「会計」を講義したいと考えます。
座右の銘
フェアプレイ
研究の
キーワード
職業的懐疑心、国際監査基準、組織的監査、国際会計基準
研究の概要「適正意見の表明」という会計監査の目的と同義とされる「虚偽表示の発見」に不可欠な職業的懐疑心が、監査法人などの監査組織において有効に発揮されるためにはどのような方策・方法が必要かを主な研究対象としています。あわせて、国際会計基準・米国会計基準・我が国の会計基準を比較対照して研究しています。
研究テーマ
  • 国際監査基準や我が国の監査の基準における「組織的監査における職業的懐疑心」
  • 我が国の「一般に公正妥当と認められる企業会計の基準(GAAP)」と国際会計基準(IFRS)・米国会計基準との比較
所属学会日本会計研究学会、日本監査研究学会、国際会計研究学会
主な著書・論文等
  • 『監査組織における職業的懐疑心の展開』(岡山大学経済学会雜誌46巻1号2014年7月)
  • 『組織的監査における心証形成と職業的懐疑心の具体的発揮』(岡山大学経済学会雜誌45巻1号2013年6月)
  • 『生命保険会社における責任準備金の監査』(企業会計(中央経済社)2004年7月)
  • 『新しい会計情報システムにおけるリスクと監査対応』(JICPAジャーナル(日本公認会計士協会編集)1994年5月)
  • 『パソコンと会計監査』(編著・中央新光監査法人編(中央経済社)1989年4月)
社会活動
  • 公開講座:地域の高等学校生・一般市民に対し、やさしい「会計と監査」に関する講座。
  • インターンシップ:新規インターンシップ先の開拓と派遣学生と受け入れ先の企業・自治体・団体との調整。
  • 企業経営者・自治体幹部職員による大学における招聘特別講座の運営。
  • 地域新聞(山陽新聞社)での「解りやすいMBA講座」:3回連続による「オーバービュー監査論」投稿。
  • 国立大学法人大阪大学監事(2004年4月~2008年3月)
こんなことで地域のお役に立ちたい!

「地域に貢献する」という福知山公立大学設立趣旨に強く共感を覚えています。我が国の東京一極集中体制は、国全体のリスク管理上も問題があります。福知山は初めてですが、人材育成の観点から、京都の雅さが感じられる福知山・北近畿地区の活性化に微力ながら、会計学を通じてお役に立てることができれば、と考えています。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE