福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

杉岡 秀紀 准教授

スギオカ ヒデノリ

杉岡 秀紀 准教授
専門分野
公共政策学、地方自治論、地域公共人材論、大学まちづくり論、NPO論
担当科目
「グローカル特別講義(公共経営演習)」「公共経営入門」「地域協働論」「地方自治論」 「非営利組織論」
最終学歴同志社大学大学院総合政策科学研究科博士後期課程中途退学
学位修士(政策科学)
自己紹介私は、これまでNPO(きゅうたなべ俱楽部)→企業(株式会社GIZA)→行政(内閣官房)→財団法人(地域公共人材開発機構)→大学(京都府立大学)とセクターを越えて働いてきました(ひとり産学公NPO連携)。また奈良県(平城京)→東京都→京都市(平安京)と3つの都住まいを経て、福知山に移住してきました。これらの経験も踏まえ本学でも「周旋」「臨床政策」「地域の教育力と教育の地域力の交歓」という3つのキーワードを大切にしていきたいと思います。
座右の銘
一燈照隅、万燈照国
研究の
キーワード
地域公共人材、地方自治、地域創生、NPO、シティズンシップ教育、プロボノ、フューチャーセンター、フューチャーデザイン
研究の概要「大学での学びと地域社会の働きをいかに接続し、それをまちづくりやひとづくり(地域公共人材の育成)につなげるか」というのが私のライフテーマです。その一手法として地学連携やシティズンシップ教育、プロボノ、ギャップイヤー、フューチャーセンターやフューチャーデザインというキーワードに着目し、臨床研究を進めています。
研究テーマ
  • 大学と地域の連携・協働によるまちづくりについての研究
  • 地域公共人材の育成とその質保証のあり方についての研究
  • 18歳選挙権とシティズンシップ教育についての研究
  • フューチャーデザインと地域創生についての研究
所属学会日本公共政策学会、日本協働政策学会、日本地方(地域)政治学会、日本オンブズマン学会、日本NPO学会、日本評価学会、産学連携学会 ほか
主な著書・論文等 <著書>
  • 『「みんな」でつくる地域の未来』(公人の友社、2017、共著)
  • 『自治体政策への提言~学生参加の意義と現実』(北樹出版、2016年、共著)
  • 『地域創生の最前線~地方創生から地域創生へ~』(公人の友社、2016年、編著)
  • 『地域力再生とプロボノ~行政におけるプロボノ活用の最前線』(公人の友社、2015年、編著)
  • 『持続可能な地域実現と大学の役割(地域公共人材叢書第3期)』(日本評論社、2014年、共著)
  • 『もう一つの自治体行革~住民満足度向上につなげる~』(公人の友社、2014年、編著)
  • 『地方自治を問いなおす~住民自治の実践がひらく新地平~』(法律文化社、2014年、共著)
  • 『地域公共人材をつくる~まちづくりを担う人たち』(法律文化社、2014年、共著)
  • 『地域貢献としての大学発シンクタンク~京都政策研究センターの挑戦~』(公人の友社、2013年、編著)
  • 『地域力再生の政策学~京都モデルの構築に向けて~』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)
<論文>
  • 「自治体政策における総合計画とフューチャーデザイン」『福知山公立大学研究紀要』75〜89頁、福知山公立大学、2017年
  • 「わが国の高等教育におけるシティズンシップ教育の必要性と実際」『京都府立大学学術報告』第8号、京都府立大学、2017年
  • 「京都市におけるフューチャーセンターを活用した次世代市民協働政策のための一試論」『同志社政策科学研究20周年記念特集号』、115〜125頁、同志社大学大学院政策科学研究科、2016年
  • 「わが国におけるプロボノの導入事例」『京都府立大学学術報告 公共政策』第7号、159〜175頁、京都府立大学、2016年
  • 「行政におけるプロボノ活用の政策的含意—都道府県ができる公共善とは何か—」『福祉社会研究』第15号,163~178頁,京都府立大学公共政策学部、2015年
  • 「わが国における公共政策系専門職大学院の認証評価の現状と課題」『日本評価研究』13巻1号、 41~56頁、日本評価学会、2013年
  • 「社会保険庁改革から見るわが国における国家レベルの「オンブズマン機能」の実際と課題」、 『行政苦情救済&オンブズマンNo.10』13頁23頁、日本オンブズマン学会、2009年
社会活動 【主な公職】
  • 国土交通省建設業イメージアップ戦略実践プロジェクトチーム委員
  • 文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)ペーパーレフェリー・面接員
  • 京都府子育て支援団体認証制度検討委員会座長
  • 与謝野町まち・ひと・しごと創生有識者会議座長
  • 与謝野町総合計画審議会会長
  • 福知山市行政改革推進委員
  • 舞鶴東商店街商店街創生支援プロジェクト事業アドバイザー ほか多数
【主な役員等】
  • 京都府立大学京都地域未来創造センター特任准教授
  • 龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター客員研究員
  • 一般財団法人地域公共人材開発機構理事
  • 一般社団法人社会的認証開発機構評議員
  • NPO法人グローカル人材開発センター理事
  • NPO法人京都子どもセンター監事
  • きゅうたなべ倶楽部発起人兼アドバイザー ほか多数
こんなことで地域のお役に立ちたい!

近年、地方公務員が主役となって地域を元気にしたり、地域住民が立ち上がって地域づくりを展開したりする映画やドラマが増えました。例えば『県庁おもてなし課(2013年)』『ナポレオンの村(2015年)』は前者の好例でありますし、後者であれば『人生いろどり(2012年)』『WOOD JOB(2014年)』『限界集落株式会社(2015年)』などがその好例です。また、『地域に飛び出す公務員ハンドブック』(椎川忍、今井書店、2012年)や『地域公務員になろう』(稲継裕昭、ぎょうせい、2012年)、『地域公共人材をつくる』(今川晃編著、法律文化社、2014年)など、今までの公務員の枠を越えて活躍する自治体職員を後押しする動きも相次いで登場しています。私の研究対象はまさにここです。すなわち一つは公務員を中心とする「ひと(地域公共人材)」に関する人材育成の研究であり、もう一つはそうした人材が活躍する「まち(自治体)」に関するまちづくり研究です。こうした中で最も重要なのは、やはり「ひと」です。というのも、その計画や戦略を作るのも「ひと」でありますし、また、どれだけ素晴しい計画や戦略を作ってもそれを実行するのは「ひと」であり、その影響を受けるのもやはり「ひと」だからです。では、そういう人材をつくることは可能でしょうか?答えは否です。翻って、できることはそうした人材が育つ環境を創造することに他なりません。ここに大学の重要な意味が出てきます。こうした人材育成、地域づくりのニーズがあればお気軽にご相談ください。ぜひ共に考え、良い汗をかきましょう。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE