福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

岡本 悦司 教授

オカモト エツジ

岡本 悦司 教授
専門分野
医学、公衆衛生学、医療情報
担当科目
「医学概論」「医学英語」「解剖生理学」「感染症・呼吸器学」「血液内分泌・腫瘍学」「精神神経・循環器学」「消化器・尿生殖器学」
最終学歴大阪大学大学院医学研究科博士課程
学位博士(医学)
自己紹介医療福祉経営学科で、診療情報管理士資格取得に必須な、医学関連科目の教育を担当しています。
座右の銘
賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ(ビスマルク)
研究の
キーワード
レセプト、データヘルス、メタボ健診、糖尿病重症化予防、医療経済、データウェアハウス
研究の概要
  • レセプトや健診データを活用し地域ぐるみの慢性疾患重症化につなげる「データヘルス」の分析
  • 高齢出産の増加と知的・精神障害の増加との関連
  • 市町村別統計のデータウェアハウス化
研究テーマ
  • 医療機関が出す医療費データを地域住民の健康増進に活用する
  • 糖尿病の重症化を予防して透析なしで生きていける社会の実現
  • 老後も地域に住み続けられる地域包括ケア体制の構築
  • データウェアハウスによる地域分析
所属学会日本公衆衛生学会、日本診療情報管理学会
主な著書・論文等
  • アジア諸国のUHC達成のための日本の人材支援.2015年5月.健康保険69(5):24~27[2015年9月]
  • レセプトデータを利活用したデータヘルス事業の現状と課題、公衆衛生79巻9 号598~603頁[2015年9月]
  • 知的障害児の増加と出生時体重ならびに母年齢との関連、厚生の指標61巻12号1~7頁[2014年12月]
  • 高齢出産は先天異常を増やすか?-生殖補助医療(ART)先天異常データの分析.ヘルスサイエンス・ヘルスケア16巻1号3~9頁[2016年9月]
  • Inconsistency of Per-Diem Charges of Japan Diagnosis Procedure Combination (DPC) Reimbursement System. 18th IFHIMA International Congress Tokyo 2016. p477-81[http://www.jhim.jp/pdf/2017/IFHIMApro_2017-18th.pdf]
  • 保健医療福祉計画推進のための地域情報の分析活用.北陸公衆衛生学会誌.43巻学会特集号7頁[2016年11月]
  • Prevalence of Bile Duct Cancer as Measured by Discharges from Diagnosis-Procedure-Combination (DPC) Participating Hospitals Among Beneficiaries of a Printing Industry Health Insurance Society in Comparison with General Population. In Bile Duct Cancer: Symptoms, Treatment and Prognosis. Nova Science Publishers [2016年3月]
  • 地方創生データウェアハウス構築に関する研究.地方創生加速化交付金成果報告書[2017年3月]
  • 地方創生データウェアハウスJapanReview.Comの構築とその活用可能性.福知山公立大学研究論集第1号[2017年3月]
社会活動 前任地(国立保健医療科学院)では、埼玉県和光市、静岡県三島市のレセプトや健診データ、国保データベース(KDB)の分析を行い、その結果を市データヘルス計画の策定や特定保健指導の医療費効果評価に活用してきた。
こんなことで地域のお役に立ちたい!

自治体における地域包括ケア、地域医療連携、地域医療構想、データヘルス、介護予防、重症化予防の推進。国保データベース(KDB)の分析支援。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE