福知山公立大学 北近畿地域連携機構 Kita-re(キターレ) 福知山公立大学 北近畿地域連携機構 Kita-re(キターレ)

MENU

市民学習部

井口学長塾

2020.07.01

井口学長塾

(目的・意義)   未来を切り拓く地域の近現代史をみんなで発見しよう。

 


 「私たちはどんな時代を生きているのか?」「この地域はどう変わってきて、これからどう変えていけるのか?」。
こんなことを考える出発点になるようにと、開学以来、井口学長が主宰して参加者みんなが主体となって開催しています。日本の近現代史の大きな流れを学び、この地域の近現代の歴史を自分たちの手で再発見し、地域の未来を切り拓く手がかりをみんなで語り合おうという遠大な目標を掲げています。

(事業内容)   本年度のテーマは福知山の近代史です。

 新型コロナウイルス感染症の蔓延という事態で、昨年度までのような「塾」形式の学習会はできそうにありません。秋になってから始めることになり、回数も少なくなります。
そこで、本年度は以下のような内容で行うことにしたいと考えています。
① 惇明小学校に所蔵されていた『明治三十七八年戦史』(惇明尋常高等小学校)を
基礎的な手がかりとして、『福知山市史』第4巻などを再検討しつつ、「軍都・
福知山の誕生」を学びあうことを中心にします。
もちろん、昨年度と同様に参加者のみなさんの関連する報告を加えて、明治期の福
知山の近現代史の再発見を目指します。
② まちかどキャンパス「吹風舎」で少人数の参加者に限定した学習会を開催し、そ
れをオンラインで参加できる方にはZOOMで参加していただく形態で実施する予
定です。

(開催時期及び場所)10月中旬開始:土曜日午前中:隔週 「吹風舎」からオンラインで

第1回:10月17日(土)午前10~12時、吹風舎会場とZOOMを利用

※以降、ほぼ隔週で、12月12日まで、5回程度開催予定。2021年1月以降は、状況を見て開催いたしま
す。
※「三密」回避のため、吹風舎の参加人数には制限があるかも知れません。ご了解ください。

(事業実績)   これまで学んできたこと。

 

(2019年度業務実績)

 2016・17年度は岩波新書『シリーズ:日本近現代史』全10巻、2018年度は岩波ジュニア新書『戦争と沖縄』・『未来を拓く歴史―東アジア3国の近現代史―』第2版(高文妍)、2019年度はE・H・カー『歴史とは何か』(岩波新書)・『歴史学ってなんだ?』(PHP新書)をテキストにして、みんなで意見を出しあいながら学んできました。また、2019年度からは地域の近現代史を中心にした参加者の研究報告もたくさんいただきました。
今までの参加登録者数は55名ほどで、毎回20~30人ほどが集まっています。そして参加者の何人かが世話人となって会を運営してくださっています。

 

MENU