福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

澤口 聡子 教授

サワグチ トシコ

専門分野
小児社会医学、医学医療と法、数理的数的ガイダンス
主な担当科目
周産期・先天異常学、感染症・呼吸器学、皮膚筋骨格・中毒学
最終学歴慶応義塾大学大学院医学研究科後期博士課程
学位医学博士・慶応義塾大学大学院医学研究科博士課程
自己紹介 東京都新宿区信濃町に生まれ、医師免許・医学博士号(慶応甲生理系解剖学)取得、産業医資格・厚生省医系技官試験合格後、兵庫県庁で地方行政を1年経験、国外(U.K.,Berlin,北欧等)の医科大学・医学部教官(助手・助教・講師・助教授・准教授)として法医学実務教育研究の研鑽をつむと同時に、法学部、大学院後期博士課程法学専攻と教授職務を併行して参りました。統合直前の西ドイツベルリン自由大学医学部法医学研究所で一人法医解剖に半年の間携わりました。子どもを対象とする社会医学の素養と生涯保健・医療・医学の素養を蓄積し、新設医療系福祉系大学の学科長、センター長、教授職を複数務めて参りました。2015年に厚生労働省の政策提言機関である国立保健医療科学院統括研究官(生涯保健システム領域)として異動し、4年勤務しました。
座右の銘
有能なる者は、奇跡の杖を携え、夢の楽園を進み、歴史を現実に映す
研究の
キーワード
世代を超える経時的現象の把握、こどもの社会医学、社会医療における再生
研究の概要
  • 1)1990年初頭スウェーデンにおけるPERSONAL NUMBER制度とドイツ法のschlusselgewalt(鍵の権利)を紹介(RJLM)、2018年ゲノム・遺伝子配列における個人同定領域の法的価値と重ね合わせ人類の潜在的資源として人類遺伝学的情報と権利に関する論を構築、DATAwearに関する厚労科研(PI岡本悦司)及びIMJにて登録母子統計データ間の乖離を指摘しマイナンバー制度の傍景を構成
  • 2)2000年小児社会医学(小児法医学)領域の厚労科研費において、育児に関する国際調査の日本ブランチを担い、神経生理学的データと神経病理学的データ更に疫学データに関するSIDS(Sudden Infant Death Syndrome乳幼児突然死症候群)の特異的相関性を抽出し覚醒不全説を傍証、文部科学省科学技術賞他5賞を受賞
  • 3)心を構成する複数のペルソナを音で同定することに成功、人は身近な人の会話音声を通して将来出会う人を予知するという現象(de ja vu via voice)を指摘(ACJJ。JapJHygiene)
  • 4)個体死後の超生体時間に遺伝子発現があることを確認(IMJ)
研究テーマ
  • 世代を超える経時的現象の把握
  • 子どもの法医学と社会医学
  • 社会医療における再生
所属学会Deutsche Gesellschaft fur Rechetsmedizin(German Society of Fprensic Medicine),International Academy pf Legal Medicine(Auditor 1993-2014).Romanian Society of Legal Medicine(Distingushed Membver, Special Consultant in 1990s),Euroepan Society for the Study and Prevention of Infant Death in 1990s, Council Member of INPALMS(Indo-Pacific Assocuation of Law, Medicine & Science)1.2016-12.2019,国際疫学会、日本衛生学会(評議員・永久会員)、日本SIDS学会(前幹事・前理事・前評議員)、日本中毒学会(理事・倫理委員会委員長)、第51回日本犯罪学会会長2014・日本犯罪学会(理事・監事・編集委員・評議員)、九州学校保健学会(評議員) 他多数
主な著書・
論文等
<著書>
  • Sawaguchi T, Knight B. Legal Aspects of Medical Practice in Britain and Japan. Tokyo Toyosyoten pp.1-385 2001
  • Sawaguchi T et al. Sudden Infant Death Syndrome from the Perspective of Arousal Deficiency. Pages 81-105 in Sudden Infant Death Syndrome -From Pathophysiological Prospects- New York Springer Sawaguchi T ed. 2013
  • Sawaguchi T. An Investigation into Criminal Regulatory Science—An Approach from the Perspective of “Law and Economics”.Pages 301-309. In Cybercrime, Organized Crime, and Societal Responses: International Aproaches (English Edition) Emilio C. Viano ed. New York Springer Pages 1-365. 2016
  • Sawaguchi T. Sawaguchi T.Chapter24:Methods of Ascertainment of Personal Damage in Japan.Page431-466 . In:Ed.Prof.Ferrara D. In Personal Injury and Damage Ascertainment. International State of the Art and Guidelines.Milan. Springer.Pages1-681.2016.
<論文>
  • Apnea, glial apoptosis and neuronal plasticity in the arousal pathway of victims of SIDS. Sawaguchi T, Kato I, Franco P, Sottiaux M, Kadhim H, Shimizu S, Groswasser J, Togari H, Kobayashi M, Nishida H, Sawaguchi A, Kahn A.Forensic Sci Int . 2005 May 10;149(2-3):205-17.doi:10.1016/j.forsciint.2004.10.015.
  • Post-mortem analysis of apoptotic changes associated with human skin bruises. Sawaguchi T, Jasani B, Kobayashi M, Knight B. Forensic Sci Int. 2000 Feb 28;108(3):187-203. doi: 10.1016/s0379-0738(99)00210-8. PMID: 10737466
  • The epidemiological study on registered cases of sudden infant death syndrome (SIDS) in Tokyo: examination of the effect of autopsy on diagnosis of SIDS and the mortality statistics in Japan. Sawaguchi T, Fujita T, Sawaguchi A, Nishida H. Forensic Sci Int. 2000 Mar 13;109(1):65-74. doi: 10.1016/s0379-0738(99)00218-2. PMID: 10759072
  • Changes in DNA induced by toxic agents. Sawaguchi T, Wang X, Sawaguchi A. Forensic Sci Int. 1996 Apr 23;78(3):169-78. doi: 10.1016/0379-0738(95)01879-4. PMID: 8635760
  • Is the incidence of SIDS increasing in Asia? Sawaguchi T, Nelson EA, Fujita T, Sawaguchi A, Knight B. Int J Legal Med. 1998;111(5):278-80. doi: 10.1007/s004140050170. PMID: 9728759
  • Multi-level analysis of symptoms of poison exposure reported to the Japanese Poison Information Center. Sawaguchi T. Rev Environ Health . 2020 Sep 2;/j/reveh.ahead-of-print/reveh-2020-0027/reveh-2020-0027.xml. doi: 10.1515/reveh-2020-0027. PMID: 32877367.Online ahead of print
社会活動
  • 独立行政法人日本学術振興会専門委員会委員
  • 公益社団法人日本女医会前理事(学術担当)
  • 一般社団法人日本女性科学者の会理事(学術担当)
  • 国際法医学アカデミー監事
  • INPALMS Councilor
  • 学校法人学習院桜友会元理事
  • Brussels University Chidlren’s Hospital Reine Fabiola訪問教授
  • UCLA David Geffen School of Medicine訪問教授
  • Szeged University(Hungary)客員教授
  • 文部科学省科学技術賞他学術に関する7賞受賞
  • 第37号日本犯罪学会賞受賞
  • 文部科学大臣表彰
研究シーズ(相談可能な領域)組織社会におけるトラウマへの臨床法医学的対応、数理的数的対応の行政的側面(行政数学領域の確立)
こんなことで地域のお役に立ちたい!

学術と研究による医学・医療効果を通して、福知山に学ばれた方・福知山に生まれた方・福知山に職を得られた方・福知山にゆかりの方・福知山を通ったことのある方々の心身の健康の構築に寄与したいと存じます。

researchmap

大学概要

CLOSE
CLOSE