福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

藤島 光雄 教授

フジシマ ミツオ

藤島 光雄 教授
専門分野
自治体政策法務、自治体法務、行政法、公共経営
主な担当科目
政治学、行政学入門、公共経営入門、自治体政策法務
最終学歴大阪大学大学院法学研究科博士後期課程
学位博士(法学)大阪大学
自己紹介長く自治体の法務部門に在籍し、公務員と大学の非常勤講師を兼務した後、早期退職して大学教員に転職し、現在に至ります。このため、学会だけでなく、多くの自治体・団体等の研究会等に参加する一方で、自治体の職員自主勉強会・研究会等にボランティアでかかわっています。これまで、自治体の種々の政策課題・地域課題について、政策法務の観点から、自治実務セミナー等、自治体職員向けの雑誌に、執筆・連載しています。地域課題の解決のために、法政策の立場から、お役に立てればと思っています。
座右の銘
やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい
研究の
キーワード
政策法務、自治体法務、地方自治、公共経営
研究の概要自治体の要綱行政の現状と課題・要綱の条例化から始まり、自治立法権、市民参加制度、住民投票制度、苦情処理制度等の研究に取り組みました。現在は、行政不服審査法における「不当」の審査、地域課題研究では、「市営住宅における単身入居者の死亡~残された家財道具等の取扱い等について~」、自治体担当部局の職員と共同で研究を行い、自治実務セミナーに連載中です。
研究テーマ
  • 苦情処理制度と一体化した行政不服審査制度の研究
  • 地域課題研究では、孤独死を巡る問題等
  • 政策決定における市民参加・参画制度の研究
所属学会日本公法学会、日本地方自治学会、自治体学会、関西行政法研究会、京都行政法研究会、大阪自治体法実務研究会、おおさか政策法務研究会、他多数
主な著書・
論文等
<著書>
  • 自治体法務検定公式テキスト 政策法務編 2020年度検定対応 (共著。2020. 第一法規)
  • 行政法の基礎がわかった (共著。2018. 法学書院)
  • 自治体政策法務の理論と課題別実践-鈴木庸夫先生古稀記念 (共著。2017. 第一法規)
  • 自治体政策法務 (共著。2011. 有斐閣)
  • 地域社会の法社会学 (共著。2011.有斐閣)
  • 自治体職員のための政策法務入門―総務課の巻(共著。2009.第一法規)
  • 自治体法務入門 第3版 (共著。2006.ぎょうせい)
<論文>
  • 住民訴訟制度の見直しに関する一考察(『法学論集』82号、2020)
  • 行政不服審査法の現状と課題―自治体における取組状況を踏まえてー(『法学論集』78号、2018)
  • 災害対策法制と自治体の条例(上)・(下)(自治実務セミナー (662),50-54, 2017.8, (663), 54-58, 2017.9)
  • 京都市動物との共生に向けたマナー等に関する条例(上)・(下) ―動物愛護と餌やり禁止条例( 自治実務セミナー640),60-65, 2015.10,(642), 56-61, 2015.12)
  • 住民投票条例論―住民参加と住民投票ー(1)~(3)(阪大法学60巻4号~6号、2010-2011)
  • 自治体職員の情報公開・管理の実務と判断(地方自治職員研修613号、2011)
  • 自治体の行政不服審査法への対応(ジュリスト1394号、2010)
  • 市民参加制度の現状と課題(自治体法務 NAVI21号、2010)
  • 要綱行政の現状と課題((財)大阪府市町村振興協会研究紀要7号、2004)
  • イギリスの行財政改革と情報公開((財)大阪府市町村振興協会・平成12年度海外研修報告書、2001)
社会活動
  • 箕面市個人情報保護制度運営審議会委員
  • 柏原市行政不服審査会委員
  • 松原市行政不服審査会副会長
  • 羽曳野市行政不服審査会副会長
  • 河内長野市行政不服審査会副会長
  • 富田林市行政不服審査会委員
  • 河南町行政不服審査会副会長
  • 太子町行政不服審査会委員
その他、八尾市政策法務アドバイザー、八尾市指定管理者選定委員会副会長など、多数の委員委嘱を受けていました。
研究シーズ(相談可能な領域)地域に密着したCSR(Corporate Social Responsibility)活動、地域連携
こんなことで地域のお役に立ちたい!

福知山市と北近畿地域の地域課題の把握と解決のための法制度の設計。 自治体戦略2040構想~人口減少下において満足度の高い人生と人間を尊重する社会をどう構築するか~、2040年頃までの個別分野と自治体行政の課題を把握し、その対応策を研究する。

researchmap

大学概要

CLOSE
CLOSE