福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

塩見 直紀 准教授

シオミ ナオキ

塩見 直紀 准教授
専門分野
ソーシャルデザイン、ローカルデザイン、ライフスタイルデザイン
担当科目
地域観光論、農林業・農村振興論
最終学歴皇学館大学文学部国史学科(古代日本史専攻)
学位文学士
自己紹介1965年、京都府綾部市生まれ、同市在住。株式会社フェリシモを経て、2000年に半農半X研究所を設立。21世紀の生き方、暮し方として、「半農半X」というコンセプトを提唱。著書は台湾、中国、韓国でも翻訳され、海外講演もおこなう。綾部ローカルビジネスデザイン研究所(トヨタ財団助成)とスモールビジネス女性起業家塾(京都府北部地域対象、京都府地域力再生支援事業申請)を主宰。総務省地域力創造アドバイザー。
座右の銘
啐啄同機(禅語/卵の中のヒナと外の親鳥の心が1つになったとき、卵が割れる。弟子と師の思いが1つなったとき、悟りが生まれるの意)
研究の概要25年前から、持続可能な暮らし方を模索するなかで、環境問題と生きがいを両立させる半農半Xというコンセプトにたどりつきました。持続可能な生き方、社会や世界のあり方がテーマです。
研究テーマ
  • 持続可能な生き方と社会の研究(半農半Xコンセプトを中心に)
  • 自分資源と地域資源を活かした若い世代のローカルビジネス創出
  • 「使命多様性」社会のための教育、可能性発掘のワークショップ
主な著書・論文等
  • 単著『半農半Xという生き方【決定版】』
  • 単著『半農半Xという生き方 実践編』
  • 単著『綾部発 半農半Xという人生の歩き方88』
  • 共著『半農半Xの種を播く』
  • 共著『土から平和へ』
  • 共著『京の田舎ぐらし』
  • 共著『自給再考』
  • 共著『日本農業への問いかけ』 など
社会活動
  • 京都府地域力再生活動アドバイザー
  • 京の田舎ぐらし・ふるさとセンター企画運営委員
  • 農のあるライフスタイル会議委員
  • 京都府選定文化的景観保護検討委員(政策立案メンバー)
  • 京都府中丹地域戦略会議委員
  • 由良川を活かした地域振興策等検討委員
  • 京都府中丹地域地域力再生支援会議委員
  • 全国水源の里連絡協議会情報誌「水の源」編集委員
  • 綾部市観光振興協議会委員
  • 綾部市振興計画審議会委員
  • 綾部市情報発信戦略会議委員
  • 公共人材開発機構 京都府北部フェロー
  • NPO北近畿みらい理事
  • NPO里山ねっと・あやべ企画スタッフ
  • 中丹スモールビジネス起業塾企画・コーディネーター
  • 「くらしたい国、富山」推進本部 本部員(富山県UIターン施策)
こんなことで地域のお役に立ちたい!

半農半Xコンセプトを活かしたまちづりやUIターン増(政策開発)、住民のX(天職)を活かしたまちづくり(ワークショップ)、地域資源の発見と全国発信(コンセプトメイク、ビジョンメイク)

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE