福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

佐藤 充 助教

サトウミツル

佐藤 充 助教
専門分野
地域産業論、中小企業論、地域イノベーション論、PBL教育
担当科目
「流通システム論」「社会調査論」「地域産業論」「中小企業論」
最終学歴法政大学大学院政策科学研究科政策科学専攻博士後期課程単位取得退学
学位修士(政策科学)
自己紹介2014年に、首都圏から福知山市に引っ越してきました。前職で、京都府北部5市2町を飛び回り、こちらの土地勘を培ってきました。2015年末には、32歳にして運転免許を取得し、Iターン者への道を歩みつつあります。 趣味は、プロ・アマ問わずの野球観戦。小さいころから、燕党です。また、国内外のどこでも、気ままに歩いて、街並みを見て回るのも好きです。行き先は、地方の寂れた商店街、大都市の再開発地区、工芸品の産地(特に、窯業産地)などです。 
座右の銘
ゆっくりと焦らず歩む者にとって長い途はない。辛抱強く優越を準備する者にとって手の届かぬ優越はない。(ラ・ブリュイエール)
研究の
キーワード
地域産業、地域イノベーション、地域活性化、観光地域づくり
研究の概要これまでのところ、主に地域製造業を研究対象に、国内外の事例分析や計量的な分析を通じて、地域スケールでのイノベーションの創出プロセスを検討しています。ほかにも、地域商業の振興、産地の活性化、地域のブランディング、観光地域づくりのマネジメントについても調査・分析を行っています。
研究テーマ
  • 地域の産業が持続的に発展するメカニズム
  • 知識や情報が結びついて、新たな価値が生み出される仕組み
  • 地域社会の課題を解決できる人材を養成する学習プログラム
  • 魅力的な観光地を創り出す方法
所属学会日本地域政策学会、地域活性学会、日本ベンチャー学会、経済地理学会、日本都市学会
主な著書・論文
  • Mitsuru Sato and Yoshiyuki Okamoto (2017)“ From regional production system to regional innovation system : evolutional change of Suwa industrial region in Japan ”, In Kebir, L., Crevoisier, O., Costa, P., & Peyrache-Gadeau, V. (Eds.), Sustainable Innovation and Regional Development: Rethinking Innovative Milieus, Edward Elgar Publishing.
  • 佐藤充(2017)「都道府県レベルのTFP成長率と研究開発活動の統計的検討-地域イノベーションの創出環境に関する予備的分析-」【査読付】、『地域イノベーション』Vol.9、p.15~p.33
  • 佐藤充(2015)「地域産業集積の構造転換と知識フローの多様化‐長野県諏訪地域を事例にして‐」、法政大学比較経済研究所 近藤章夫編『都市空間と産業集積の経済地理分析』日本評論社所収
  • 佐藤充(2013)「産業集積における産学官連携の形成プロセスに関する研究-広域多摩地域(TAMA)を事例にして-」【査読付】、『地域イノベーション』Vol.5、p.31~p.42
  • 佐藤充・太田志保・吉田渉(2013)「地域ブランディングにおける地域イメージの機能‐栃木県益子町を事例にして‐」【査読付・共著】、『地域活性研究』第4号、p.227~p.236
  • 佐藤充(2012)「産業集積における地域イノベーションの創出メカニズムに関する研究-長野県・諏訪地域を事例にして-」【査読付】、『地域活性研究』第3号、p.53~p.62
  • 佐藤充・福田稔(2011)「観光まちづくりと中心市街地活性化に関する調査研究-千葉県香取市・佐原の事例から‐」【査読付・共著】、『地域活性研究』第2号、p263~p.269
  • 佐藤充(2010)「大手電機メーカーによる生産拠点の立地調整と近接性-薄型テレビ市場における立地集中の事例から-」【査読付】、『日本地域政策研究』第8号、p.229~p.236
社会活動 【北近畿地域に関する調査研究】
  • 平成28年度福知山公立大学研究活性化助成金「舞鶴港に寄港するクルーズ船観光客の回遊状況および消費動向の推定‐クルーズ船受入機能の強化とインバウンド観光の推進に向けて‐」
  • 平成28年度地方創生加速化交付金による研究費補助「京都舞鶴港のクルーズ船受入機能強化に向けた比較事例研究」
  • 平成28年度京都府北部地域連携都市圏形成推進協議会委託調査「公共施設利用実態調査」
  • 平成28年度福知山公立大学北近畿地域連携センター調査研究プロジェクト「健康経営及び食育に関する実態調査」
【学生との課外プロジェクト・2016年実績】
  • 丹後由良プロジェクト(宮津市)‥イベントの企画・実施をサポート
  • 商店街魅力発信プロジェクト ふくちやまデザイン・チャレンジ(福知山市)‥商品PR媒体の企画・作成
  • 元伊勢内宮参道マルシェプロジェクト(福知山市)‥訪問者アンケートの企画・実施、イベント実施のサポート
【社会活動】
  • 経済地理学会総務委員会幹事(2012年~2016年)
  • 京都府北部地域・大学連携機構「京都府北部地域職員研修システム研究会」(2016年度~)
  • 丹後圏域障害者自立支援協議会「はあとショップたんご連絡会議」(2016年度~)
こんなことで地域のお役に立ちたい!

大学院生の頃から、知的好奇心の趣くままに、さまざまな分野の調査研究に取り組んできました。これまでの経験を少しでも活かすことができればと考えています。
【主なテーマ】
1 地域課題の見える化:統計データや調査票調査による現状分析
2 地域資源の活用と事業化:観光地域づくりや農商工連携に関する調査研究
3 中小企業との連携:PBL型インターンシップの企画実施、経営課題に関する調査研究
4 高大連携プロジェクトの企画・実施:アクティブラーニングをベースにした高大連携プロジェクトの実施(例:アーカイブの作成、共同フィールドワークなど)
また、専門社会調査士資格を有しておりますので、社会調査について何かお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE