福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

中尾 誠二 教授

ナカオ セイジ

中尾 誠二 教授
専門分野
社会経済農学(都市農村交流)、地域研究
担当科目
グリーンツーリズム論、社会学、コンピュータ入門、コンピュータリテラシー
最終学歴東京農工大学大学院連合農学研究科農林共生社会科学専攻
学位博士(農学)、修士(環境科学)
自己紹介2011年3月まで18年間、農林水産省の財団職員として地域振興関係の業務に携わっていました。趣味はハンググライダー・スキューバダイビング・スキー・スノーボード等アウトドアスポーツです(が、最近は実際のところインドア生活になりつつあります)。
座右の銘
熟慮断行、百折不撓
研究の
キーワード
グリーンツーリズム、エコツーリズム、農山漁村余暇法、旅館業法、食品衛生法、建築基準法、消防法、旅行業法、道路運送法、都市計画法、子ども農山漁村交流プロジェクト
研究の概要農山漁村において旅館業法の営業許可を得ずに行われる“民泊”行為と各種規制緩和を適用した小規模農林漁家民宿について全国的な状況を調査した結果、全国21道府県で策定されている「民泊ガイドライン」の存在が明らかになり、ブラック・グレー・ホワイトの三類型に民泊を整理できることが判明しました。この現状を導いた一連の規制緩和を「小規模グリーンツーリズム政策」として博士論文にまとめましたが、2015年頃からairbnb等による大都市圏の投機型ブラック民泊が大きな社会問題となっているため、引き続き当該分野を研究中です。
研究テーマ 体験型教育旅行・インバウンド観光・UIターン者の受入による多自然圏(≒農山漁村)の地域活性化
所属学会日本農業経済学会、共生社会システム学会、日本農業市場学会、地域農林経済学会、日本農村生活学会、農村計画学会、日本観光学会
主な著書・論文等
  • 単著論文「農山漁村民泊の制度面に関する政権交代前後の動向」『成美大学紀要』6巻1号pp.21-34 、2015年3月
  • 共著研究資料『子供農山漁村宿泊体験の現状と課題:宿泊体験受入者の意向調査及び実態調査結果』(農林水産政策研究所 農村活性化プロジェクト教育交流チーム編著)農林水産省、2015年3月
  • 査読付き単著論文「規制緩和適用小規模農林漁家民宿の統計に関する問題点:京都府の情報公開制度から得られた視座」『農業市場研究』23巻1号 pp.44-50 、2014年6月
  • 共著書『農山漁村宿泊体験で子どもが変わる地域が変わる』(鈴村源太郎編著)農林統計協会、2013年11月
  • 査読付き単著研究ノート「小規模農林漁家民宿の開業における制度上の課題と今後の方向-旅館業法の規制緩和と農林漁業者の定義をめぐって-」『共生社会システム研究』7巻1号pp.276-290、2013年7月
  • 査読付き単著論文「2010年世界農林業センサス確定値にみる新規開業農家民宿の形態」『農業経済研究』別冊2011論文集 pp.163-169、2011年12月
社会活動
  • 共生社会システム学会理事
  • 福知山市里山交流事業アドバイザー
  • 民泊関係の講演(京都府福知山市・京丹後市・綾部市、兵庫県豊岡市・養父市・朝来市・丹波市、滋賀県長浜市・甲賀市、和歌山県日高川町・印南町、新潟県佐渡市、富山県南砺市、三重県御浜町、徳島県三好市、沖縄県金武町、千葉県千葉市、東京都千代田区)
こんなことで地域のお役に立ちたい!

豊岡・京丹後・丹波・福知山・朝来・舞鶴6市等による『教育民泊』の連携協議を2015年9月から進めています。垂直統合型でない水平分散型の広域連携を北近畿エリアで実現すべく、微力ながら精進して参ります。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE