福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

三好 ゆう 准教授

ミヨシ ユウ

三好 ゆう 准教授
専門分野
財政学、地方財政論
担当科目
自治体経営論、財政学
最終学歴立命館大学大学院経済学研究科経済学専攻博士課程
学位博士(経済学)
自己紹介税理士を目指して大学、大学院へと進学したものの、租税論の面白さに魅せられ、研究者という立場から「地域を支える税金」と接する道を選びました。
座右の銘
情けは人の為ならず
研究の
キーワード
原子力発電所所在地自治体、地域再編、 災害復旧、震災復興予算
研究の概要原子力発電所が立地する自治体財政の構造的特質を明らかにし、財政・地域経済における原発依存構造からの脱却の可能性について考察している。一方で、阪神淡路大震災と東日本大震災を経験したことを契機に、震災復興財政のあり方を問い直そうと、被災地の復興を応援しながら、災害からの復旧・復興に関する財政支援措置の問題と課題に取り組んでいる。
研究テーマ
  • 原子力発電所保有自治体の経済・財政構造分析
  • 震災復興財政における政府間関係
所属学会日本財政学会、日本地方財政学会、日本租税理論学会、経済理論学会
主な著書・論文等
  • 共著 『財政とは何か』 (内山昭編著、第6章「法人税」、第13章「環境財政と環境税」を担当)、税務経理協会、2014年7月
  • 単著 「自治体による災害復興基金の課題と展望」桜美林大学国際学研究所編著 『東日本大震災と知の役割』、勁草書房、2012年3月
  • 単著 「原子力発電所と立地自治体財政」 『公営企業』 2月号、2015年2月
  • 共著 「TPP参加による地域格差の拡大と地方税財政の課題」日本租税理論学会編 『格差是正と税制』、法律文化社、2014年11月
社会活動
  • 公開講座
  • 各市の各種委員会委員
こんなことで地域のお役に立ちたい!

税理士を目指して大学、大学院 へと進学したものの、財政学(租税論)の面白さに魅せられ、研究者という立場から「地域を支える税金」と接する道を選んだ。
格好良い言い方だと「地域の持続可能性のために…」、本音で言えば「故郷の喪失は耐え難い。50年後も今と変わらず存在し続けるためには…」。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE