福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

加藤 好雄 准教授

カトウ コウユウ

加藤 好雄 准教授
専門分野
地域科学、マーケティング
担当科目
マーケティング論 、経営情報分析論
最終学歴愛知大学大学院経営学研究科博士後期課程
学位博士(経営学)
自己紹介都市や地域の研究をする動機は、海外の多くの都市や街を観たためです。特に海外派遣中に寄港したペルシャ湾沿岸のアラブ諸国との文化・景観の違いは衝撃的でした。その後、多くの国(約100ヵ国)を旅して周り、現在では都市や地域の活力である経済活動、特に観光産業を中心に研究を進めています。
座右の銘
朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり
研究の
キーワード
地域・観光マーケティング、ホテル立地、旅行者行動
研究の概要観光の目的地である地域の地域構造を明らかにし、来訪者の行動を分析することで、地域特性を活かした観光政策を考察する。
研究テーマ
  • ホテルの類型化と立地分析
  • 国内旅行者の行動分析
所属学会日本観光学会、日本地域学会、 日本経済政策学会、日本マーケティング学会
主な著書・論文等
  • 加藤好雄・神頭広好(2014)「大都市圏におけるホテルの立地構造」『日本観光学会誌』第55号、pp.1-9.
  • 加藤好雄(2013)「ホテルの立地に関する研究-ビジネスホテルを対象としたヘドニック・アプローチの応用-」『日本観光学会誌』第54号pp.35-45.
  • 加藤好雄(2012)「空間相互作用モデルによる宿泊者の目的地選択の分析―観光目的とビジネス目的の比較から―」『日本観光学会誌』第53号pp.18-23.
  • 加藤好雄(2011)「地域経済の成長と衰退による産業構造分析」『経営総合科学』第96号pp.115-152.
社会活動
  • 福知山市都市計画審議会委員(2016年4月~現在)
  • 福知山市行政改革推進委員会委員(2015年8月~2016年7月)
  • 宮津天橋立周遊・海上交通社会実験に係る交通量等調査
  • コミュニティ・ラジオ(FMいかる)での番組(Laboratory Cafe)
こんなことで地域のお役に立ちたい!

地域や観光を対象としたマーケティングの手法を用いた調査やプロジェクト等の取り組み

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE