福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

垣内 康宏 教授

カキウチ ヤスヒロ

垣内 康宏 教授
専門分野
法医学、公衆衛生学
主な担当科目
解剖生理学、医学概論、消化器・尿生殖器学、感染症・呼吸器学、皮膚筋骨格・中毒学
最終学歴横浜市立大学大学院医学研究科博士課程修了
学位博士(医学)横浜市立大学
自己紹介医学部を卒業後、病理医を経て、法医学者になりました。法医学と公衆衛生学の学際領域に関する研究を、福知山市を含めた北近畿地域でも進めていきたいと考えています。
座右の銘
足元を掘れ、そこに泉あり(ニーチェ)
研究の
キーワード
法医学、公衆衛生学
研究の概要これまで、家庭内の不慮の事故(転倒・転落、入浴中溺死等)に関する疫学研究、特に警察・救急等の行政データを活用した研究を行い、その成果を自治体等との連携を通じて、地域社会に還元する取り組みに従事してまいりました。今後は福知山市を含めた北近畿地域において、同様の研究を進めていきたいと考えています。
研究テーマ
  • 家庭内の不慮の事故(転倒・転落、入浴中溺死等)に関する疫学研究
所属学会日本法医学会、日本病理学会、日本公衆衛生学会、日本疫学会
主な著書・論文等 <論文>
  • Yasuhiro Kakiuchi, Ryoko Nagao, Yu Kakimoto, Eriko Ochiai and Motoki Osawa. A descriptive study of solitary death in Yokohama City. Environmental Health and Preventive Medicine. 2019 Feb 14;24(1):12.
  • Kakiuchi Y, Idota N, Nakamura M, Ikegaya H. A Fatal Case of Cervical Hemorrhage After Fine Needle Aspiration and Core Needle Biopsy of the Thyroid Gland. American Journal of Forensic Medicine and Pathology. 36(3):207-9.2015.
  • Yasuhiro Kakiuchi, Bonnie Choy, Jennifer Gordetsky, Guan Wu, Hani Rashid, Jean V. Joseph, Hiroshi Miyamoto.: Role of frozen section analysis during radical prostatectomy: a 2,641-case experience. Human Pathology.44 (8):1556-62. 2013.
  • 垣内康宏, 井戸田望, 中村磨美, 池谷 博. 京町家等の旧来型家屋と高齢者の家屋内転倒等に関する実態調査. 京都府立医科大学雑誌. 124(5);337-339.2015.
  • 垣内康宏,井戸田望,中村磨美,池谷 博. 京都府内における熱中症発生動向に関する実態調査.京都府立医科大学雑誌. 124(5);337-339.2015.
  • 垣内康宏,井戸田望,中村磨美,池谷 博. 横浜市内入浴関連事故に関する実態調査.京都府立医科大学雑誌. 124(6);431-433.2015.
  • 垣内康宏,池谷 博. 一般病院における死後CT検査の社会的問題点.京都府立医科大学雑誌. 124(7);489-491. 2015.
社会活動
  • 横浜市栄区セーフコミュニティー傷害サーベイランス分科会委員
こんなことで地域のお役に立ちたい!

超高齢化社会の到来とともに、転倒・転落、入浴中溺死等の家庭内の不慮の事故も現在、急増しています。それら事故の疫学研究を行い、その成果を地域自治体等に還元することで、根拠に基づいた政策立案をサポートしていきたいと考えています。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE