福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

Eric Charles Hawkinson 准教授

エリック・C・ハーキンソン

Eric Charles Hawkinson准教授
専門分野
Learning Design and Technology
担当科目
国際フィールドワーク、ビジネス英語、TOEIC
最終学歴Master of Educational Technology and Learning Design – San Diego State University
学位Master of Arts
自己紹介Born in Wisconsin and raised in the deserts of Arizona. Having a professional background in IT Eric is taking everything ‘techie’ and turning it towards educating students. He now works and lives in northern Kyoto prefecture, Japan currently focusing on games based learning, electronic informal learning environments and eTourism. Eric has been innovating ways to apply augmented reality to a variety of fields including tourism and education. Eric is also director of interactive at TEDxKyoto where he has designed a variety of digital and non-digital informal learning environments. Eric’s most recent projects involve the use of TED in education and the implementation of augmented reality in learning environments. Find out more about Eric and his projects at http://erichawkinson.com
米国のウィスコンシン州に生まれ、アリゾナ州で育ち、2005年から日本の京都府北部に住んでいます。日本に来る前は職歴のほとんどがITの関係でしたが、日本に来た後はほとんどが教育の関係になりました。現在ITと教育を融合した「教育メディア・教育技術」の研究をしています。教育のためのゲームデザイン、eラーニング、アプリ作成などに興味を持っています。教育と観光とICTの関係の研究もしています。最近のプロジェクトは拡張現実で教育と観光のデザインと使い方を研究しています。詳しくはhttp://erichawkinson.comをご覧ください。
座右の銘
Regarding knowledge – If you don’t use it, you lose it.
知識に関して-使わないと忘れてしまう
研究の
キーワード
Educational Technology, Learning Design, eTourism, Game Based Learning, Team Teaching
教育技術、ラーニングデザイン、ICTと観光、ゲームで学ぶ、チームティーチング
研究の概要My research revolves around the creation and implementation of tools for learning. This may mean creating applications and websites to facilitate learning, but also could mean the design of lessons, games, and curriculum to motivate and engage students.
教育手法の開発とその定着化を研究しています。ゲームの採用やカリキュラムの充実化を図り、学修意欲を高め、学びを促進するアプリケーションの作成を行っています。
研究テーマ Learning Design and Technology is a field that is utilized greatly in not only education but in many other fields and industries. The practice of constant evaluation of learning processes and instructional design are applied to all forms of training and education.
学びに関する手法や技術は、教育界に限らずあらゆる分野で活用されます。学修到達度や教育効果の測定は学びの場において重要なので、これらについても研究しています。
所属学会IEEE、Association for Educational Communication & Technology、外国語教育メディア学会(LET)、全国語学教育学会、日本国際観光学会、関西観光教育コンソーシアム、日本観光学会、旅行ビジネス研究学会
主な著書・論文等 <Publications (Books)>
  • Hawkinson, E. (2014). One with English – Level One: Fundamentals (1st ed., Vol. 1). Kyoto: Amazon. ISBN-13: 978-0692027226
<Publications (Refereed)>
  • Hawkinson, E. (2016). Team Teaching and Situational Leadership Theory: Adapting and Combining Frameworks for Japanese English Education. US-China Education Review A, 6(3), 183-189. doi:10.17265/2161-623X/2016.03.004
  • Hawkinson, E., Stack, M., Klaphake, J., & Jacoby, S. (2015). Tutorial 4: AR Implementations in Informal Learning. (ISMAR), 2015 IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (pp. xxxiii-xxxiii). IEEE.
  • Hawkinson, E. (2014). Informal learning environments in tourism: Augmented reality. The Academy of Korea Hospitality & Tourism 31st International Academic Conference, 31(1). 514-523.
  • Hawkinson, E. (2013). Social media for international inbound tourism in Japan: A research model for finding effective eWOM mediums. Japan Foundation for International Tourism, 20(1), 41-48.
  • Hawkinson, E. (2013). Informal learning environments in tourism: Interactive panoramas. 7th Annual Academic Conference by Tourism of Northeast Asia, 7(1), 103-108.
<Publications (Non-Refereed)>
  • Hawkinson, E., Stack, M., Noxon, E. (2015). TEDx and Augmented Reality: Informal Learning and International Exchange with Mobile Technology. The Asian Conference on Technology in the Classroom 2015 Official Conference Proceedings 2015 (pp. 423-430).
  • Hawkinson, E. (2014). Augmented Reality Enhanced Materials Design for Language Learning. In The Asian Conference on Language Learning 2014 Official Conference Proceedings 2014 (pp. 155-161).
  • Hawkinson, E. (2013). Board game design and implementation in education. In The Asian Conference on Language Learning 2013 Official Conference Proceedings 2013 (pp. 317-326).
  • Hawkinson, E. (2013). Using social media for small town tourism in Kyoto countryside. Seibi University Journal, 3(1), 41-48.
  • Hawkinson, E. et al. (2013). American Citizenship: The Game [Print – Board Game – Serious/Educational Gaming]. Available from https://www.thegamecrafter.com/games/american-citizenship
社会活動 I am heavily involved in the local community. I help manage and organize events and activities to support international cooperation and exchange.Here is a list of just some of my community projects
  • ティーチャートレーニングと教材提供
    TeamTeachers.com
    教育はチームワークだ!!
    TeamTeachers.comは、私が京都府宮津市の教育委員会で働いていた2007年に開設したウェブサイトです。文部科学省JETプログラムでAETをしていた時、オリエンテーションやトレーニングの際に、教師間による教材交換の必要性を感じました。
    その頃、ちょうど、レッスンや教材を作っていて、同僚とそれらを共有できる方法があればと思いました。
    このサイトはESLティーチャー(英語を母国語としない教師の方々がアイディアや教材をシェアできる場です。)
  • 英語eラーニング
    TogetherLearning.com
    英語教育センター
    TogetherLearningは無料で英語を学びたいときに使えるサイトです。 様々なオンライン英語コースを受講できる環境が整っています。英語を第二言語として学ぶすべての年代の方々のためにデザインされています。発展コースも受講できます。
  • インバウンド国際観光研究
    ForeverKyoto.com
    ForeverKyotoは私が長年住んでいる地域に貢献するため始めたプロジェクトです。
    京都府北部には、世界中の人々と共有すべきたくさんの素晴らしいものがありますが、京都市に比べ国際ツーリズムが全く確立されていません。
    このサイトは日本ツーリズム促進者が管理する研究に参加していただくことができます。日本の田舎の国際ツーリズムを増進し、より良くするための方法を研究しています。また、このサイトでは、国際旅行者に国内旅行者人気の観光スポットを紹介しています。
こんなことで地域のお役に立ちたい!

地域の誰もが参加できるeラーニングプログラムを作成するなど、研究活動を通じてコミュニティ(地域)の利益になる開発を行います。
インターネットを利用し、北近畿の情報を世界中の観光客に向けて発信する方法を地域の経営者や皆さんに伝えたいです。世界と地域を結ぶために、国際交流、国際連携を促進します。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE