福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

遠藤 尚秀 教授

エンドウ ナオヒデ

遠藤 尚秀 教授
専門分野
管理会計、内部統制、公会計・公監査
*(資格)公認会計士、英国勅許公共財務会計士
担当科目
「工業簿記」「経営分析」「原価計算論」「管理会計論」「税務会計」「地方公会計」
最終学歴関西学院大学大学院経営戦略研究科博士課程後期課程
学位博士(先端マネジメント)
自己紹介会計士補・公認会計士として約30年間、官民組織への監査・株式公開等のコンサルの実務経験と、約12年間の会計専門職大学院等での教育・研究活動を実施して参りました。学生の皆さんには基礎学力をベースに社会で役立つ実践教育を実施し、地域経営でお困りの自治体、NPO等各種団体には解決の糸口をご示唆して参ります。
座右の銘
桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す(「史記」)
研究の
キーワード
官民のガバナンス
研究の概要国・自治体における厳しい財政状況を背景に、自治体が透明性を確保しつつ自律的な行政運営を実践し、住民と協働して地域を活性化していくためには、よりよきマネジメント・ガバナンスの仕組みが不可欠となります。海外および日本の自治体における公会計・監査・内部統制等に関する理論とグッド・プラクティスを研究しています。地域経営の担い手としての企業等における諸課題についても、経営分析等に基づき客観的に解明して参ります。
研究テーマ
  • 自治体の開示の充実と財務・非財務情報を使った自治体マネジメントの取組み
  • 公的組織のあるべき内部統制と監査制度の構築
  • 企業のデータに基づく経営分析と課題の克服
所属学会日本会計研究学会、日本監査研究学会、日本内部統制研究学会、国際公会計学会、中小企業会計学会、大学行政管理学会
主な著書・論文等 <著書>
  • 『公会計基準設定― 海外事例研究と分析』(共編著)日本公認会計士協会出版局、2013年
  • 『パブリック・ガバナンスの視点による地方公会計制度改革』(単著)中央経済社、2012年
  • 『企業財務の管理と診断技法(第3 章 地方公営企業の財務報告制度と財務分析)』(共著)同文舘出版、2000年
<論文>
  • 「新地方公会計制度におけるPFI会計の現状と課題」、『新しい地方公会計の理論、制度、および活用実践(日本会計研究学会 特別委員会最終報告)』245 -310頁、2016年
  • 「包括外部監査制度の現状と課題並びに今後の方向性について-包括外部監査報告書の実態調査を中心として」、『公会計研究』第17巻第33号、51-59頁、2016年
  • 「地方公監査の発展と公認会計士の役割-より健全なパブリック・ガバナンスの実現に向けて-」、『現代監査』第23号、58 – 66頁、2013年
  • 「英国自治体における会計報告書のベスト・プラクティスに関する分析」、『ビジネス&アカウンティングレビュー』第7号、95-115頁、2011年
  • 「英国自治体におけるコーポレート・ガバナンスと財務会計制度の現状-わが国自治体財務会計への示唆-」『ビジネス&アカウンティングレビュー』第5号、169-188頁、2010年
社会活動
  • 国際公会計学会理事・常務理事
  • 日本公認会計士協会本部理事(3年)・常務理事(2期6年)
  • 財務省造幣局及び国立印刷局の業務実績評価に関する有識者会合メンバー
  • 総務省今後の新地方公会計の推進に関する実務研究会委員他
  • 文部科学省国立大学法人会計基準検討会議委員
  • 滋賀県他包括・個別外部監査人
  • 福知山市指定管理者制度第三者評価委員会委員
  • 長浜市地域経営改革会議委員
  • 尼崎市事務事業点検委員会委員長
  • 芦屋市市民病院中期経営計画評価委員会委員
  • 三田市市民病院事業計画策定及び進行管理委員会委員 その他各種委員・研修講師多数
こんなことで地域のお役に立ちたい!

持続可能な地域社会の実現のため、福知山市をはじめ北近畿の自治体におけるマネジメント・ガバナンス改革に貢献したい。
具体的には広域連携での施設管理、自治体の予算・会計・行政評価の三位一体改革、内部統制等のより良き実践に関して提言します。
大学と地域ネットワーク(地元企業、社会福祉法人、NPO、自治会等)の良き関係の構築にも努力して参ります。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE