福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

江上 直樹 助教

エガミ ナオキ

江上 直樹 助教
専門分野
教育行政、教育財政、地域政策
担当科目
「教育学」「グローカル特別講義Ⅲ(職業指導)」「キャリアデザイン」
最終学歴京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学
学位修士(教育学)
自己紹介教育分野についての資源配分および資源調達をテーマとして研究をしています。それに加えて、大学の職務として、大学と地域の連携促進にも携わってきました。福知山公立大学でも、北近畿地域連携センター関連の業務で地域の方々と頻繁に顔を合わせていくことになるかと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
座右の銘
人を信ずることはもちろん 遥かに人を疑うことに勝っている
研究の
キーワード
教育行政、教育財政、教育資源配分
研究の概要学校の運営にかかる費用等については、公費だけでなく、私費や金額として表しにくい多様な資源(地元住民のボランティア、地域からの寄贈物等)で成り立っています。しかしながら、公費以外の教育資源については、学校毎にそのあり方がまちまちで、データも十分に整理されておりません。そうしたデータを調査し、各学校が有する教育資源をふまえた学校評価の方法や、新たな教育資源調達のあり方を検討することを研究テーマとして取り組んでいます。
研究テーマ
  • 私的支出をふまえた公正な教育資源配分のあり方
  • 公的支出に限らない新たな教育資源の調達手法
  • 地域リソース等の資源を活用できる人材育成のあり方
所属学会日本教育行政学会、関西教育行政学会
主な著書・論文
  • Cultivating Competent Individuals Thinking Globally in a Local Setting: Service Learning at Kyoto University. University Social Responsibility and Quality of Life. 2017. pp.191-204.
  • 「教育政策に投入される資源」高見茂他編『教育行政提要(平成版)』2016年、259-264頁。
  • 「公立高等学校における学校教育費の私的負担に関する学校間格差」『京都大学大学院教育学研究科紀要 第58号』、2012年、115-126頁。
  • 「イノベーション普及課程理論から見た我が国の進路指導の歴史的展開」『教育行財政研究 第35号』2008年、61-71頁。
社会活動 <委託研究事業等>
  • JR西日本福知山支社「北近畿地域の名産品に関する効果的なPR手法の開発のための基礎的調査及び提案業務」2016-2017年。
  • 京都市「観光経営を学ぶ高等教育の推進事業実施にかかる業務」2013-2016年。
  • あしなが育英会「京都学インターンシップ・プログラム実施にかかる調査研究業務」2014-2016年。
  • 京都新聞COM「新聞販売店を拠点とした地域活性化、コミュニティ形成実施にかかる調査研究及び提案」2015年。
<委員等>
  • 与謝野長教育委員会事務事業評価委員長
  • 福知山市社会教育委員
こんなことで地域のお役に立ちたい!

地域の方々のご理解のもと研究者として恵まれた環境を整備していただき大変ありがたく思っております。そうした地域の気持ちに応えられるよう、北近畿の現状をこの目でしっかりと観察し、この地に根ざした教育研究に尽力していきたいです。
また、「教育」を専門に研究をしている大学教員はこの地域には他にいないかと思いますので、教育分野での研究で貢献できればと考えています。

researchmap

学部・学科

CLOSE
CLOSE