福知山公立大学

ユーザー別MENU

MENU

授業

授業時間

1時限90分授業で、月~金曜の平日5時限開講されます。授業の間(1・3・4時限終了後)に10分間の休憩時間があります。2時限と3時限の間に50分間の昼食休憩時間があります。

時限 1時限 2時限 3時限 4時限 5時限
時間 8:50~10:20 10:30~12:00 12:50~14:20 14:30~16:00 16:10~17:40
時限 時間
1時限 9:00~10:30
2時限 10:40~12:10
3時限 12:50~14:20
4時限 14:30~16:00
5時限 16:10~17:40

授業の欠席(公欠として取り扱われる場合)

以下の場合は公欠として取り扱います。公欠は出席の扱いになるわけではありませんが、その欠席により定期試験受験資格を失うことなどがないように配慮されます。自己都合による欠席とはまったく違いますので、すみやかに届け出て下さい。

  1. ①忌引
    親族が亡くなられた場合です。期間は連続で休日を含み、一親等7 日以内、二・三親等3 日以内です。
    ■証明になるもの:「会葬礼状」等
  2. ②結婚
    二親等以内の親族が結婚された場合です。期間は連続で休日を含み2 日以内です。
    ■証明になるもの:「(結婚式の)案内状」等
  3. ③出席停止
    「学校保健法」に定められた伝染病・疾病等により、医師の診断に基づき学校が出席停止の判断を下す場合です。期間は医師が通学しても良いとの診断を下すまでとなります。伝染病・疾病等から回復したら、必ず医療機関にて受診し、大学指定の「登校許可証明書」の記載を受け、大学に提出して下さい。(※インフルエンザの軽症者を除く)提出されない場合、出席停止を解除することができない場合があります。
    ■証明になるもの:「登校許可証明書」(PDF)
  4. ④交通機関の運休・延着
    福知山に連絡するJR線(京都丹後鉄道を含む)がストライキ、気象状況等により運休・延着となった場合です。
    ■証明になるもの:「運休証明書」「 延着証明書」
  5. ⑤その他
    • ・学外実習
      開講されている学外実習科目に参加する場合です。決められた実習期間に限り公欠の取り扱いをする場合があります。
    • ・課外活動・交流事業
      大学からの要請による課外活動・交流事業等に参加する場合です。課外活動・交流事業等にあわせた時間帯に限り公欠の取り扱いをします。
    • ・居住区の天変地異
      居住区に気象警報が発令されるなどし、危険を伴い通学が困難な場合、公欠の取り扱いをする場合があります。

授業の欠席(公欠として取り扱われない場合)

以下の場合は理由のある欠席として取り扱われます。自己都合による欠席と同じ扱いとなり、出席として取り扱われることはありません。成績評価等に関する取り扱いは担当教員の判断となります。手続きは事前に申し出ていたもののみを対象とします。

  1. ①就職活動
    先方から日時を指定された会社訪問・試験等で授業を欠席する場合です。事前の届け出があれば考慮される場合がありますが、公欠として取り扱われるのではありませんので注意して下さい。
  2. ②クラブ活動
    クラブ活動により欠席する場合です。試合・大会のために欠席する場合は公式戦以上のみ対象となります。届け出にあたって、顧問、担当教員の署名・捺印が必要となります。2名以上で届け出る場合は、個人単位ではなく、代表者が一括で提出して下さい。

公欠・欠席の手続き(手続きはすべて学務・学生支援グループで!)

公欠として取り扱いがされるケース、欠席を届け出るべきケースであっても、しっかりとした手続きを行っていなければ、その取り扱いとはなりません。適切な対応をして下さい。

  1. ①公欠の手続き(忌引/結婚/出席停止/交通機関の運休・延着/その他(学外実習/課外活動・交流事業))

    公欠の手続きをするべき事態が発生したことを大学に連絡します。
    その連絡の際、手続き・対応方法を確認して下さい。

    事態が収束した後、学務・学生支援グループで必要な手続きを行って下さい。

    必要書類を学務・学生支援グループに提出し、手続きが完了となります。
    履修登録している科目担当者への連絡は学務・学生支援グループより行います。

  2. ②欠席の手続き(就職活動/クラブ活動)

    欠席の手続きをするべき事態が発生したことを必ず事前に大学に連絡します。(※原則として学務・学生支援グループで直接申し出て下さい。事前連絡をしていない場合、欠席届の提出は認められません。)
    事前連絡の際、手続き・対応方法を確認して下さい。(※就職活動の確認を行うための書類を事前に配付することがあります。)

    事態が収束した後、事前申し出の際に指示されていた書類を持参の上、学務・学生支援グループで必要な手続きを行って下さい。

    必要書類を学務・学生支援グループに提出し、手続きが完了となります。
    履修登録している科目担当者への連絡は学務・学生支援グループより行います。

臨時休講

気象警報発令時の授業・試験の取り扱いについては以下のとおりです。
気象警報発令

京都府北部(福知山)に気象警報(暴風、暴風雪、大雪、大雨、洪水)が発令された場合、授業・試験の取り扱いは以下のとおりとします。
※午前7時00分までに警報解除されていれば、平常どおり授業は行われます。

  • ○午前7時00分時点で気象警報が出ている場合
    終日すべての授業(①~⑤限)を休講とします。
  • ○授業開始後、警報が発令された場合
    現時間中の授業は実施し、以後の授業を休講とします。

前記以外の場合でも、授業・試験に支障をきたす事態が発生した場合は、臨時休講とすることがあります。なお、休講された授業・試験については、日程を振り替え実施されます。
また、居住区に気象警報が発令されるなどし、危険を伴い通学が困難な場合、公欠の取り扱いをする場合があります。

※各自で一番安全と思われる対応を優先して下さい。
大学への電話確認は、混乱を招くため行わないように!なお、臨時休講となった場合には、携帯メールアドレス(登録者のみ)を利用して連絡する場合がありますが、警報発令については各自で天気予報等により確認して下さい。

キャンパスライフ

CLOSE
CLOSE